メインイメージ

カッティングシート

パンフレット作成とカッティングシートについて

商品売り場や製品の展示会場などには商品や製品のパンフレット作成を行って印刷物を置いておいて、自由に手に取って印刷物を見ることが出来るようにしてあります。
実物がそこにおいて在ったとしても、見るだけではなくどのような特徴が在るのか、使う事でどういったメリットが在るのかはパンフレット作成を行って案内をしてあげることが大切です。
尚、案内と言っても営業マンが直接顧客に対して口頭で説明をするのではなく、パンフレット作成を行って案内を行う事になるため、パンフレット作成では見る人が解りやすい内容に作りこみを行う事が大切で、解りやすく説明を行う事で商品や製品の特長、魅力、使う事で得られるメリットを伝えることが可能になります。

パンフレット作成は使い方などに応じて構成やデザインなどを変えることが大切です。
商談ツールとして印刷物を利用する場合、印刷物に描かれている事について営業マンが説明を行う事が出来るわけですが、店頭に設置されているラックに印刷物を入れておいて、自由に手に取ってみることが出来る印刷物の場合は、店員がいなければ自分で内容についての把握が必要になりますし、展示会場で貰った印刷物を見る時などは話を聞くことが出来ないため、印刷物だけで把握をすることが求められます。
そのため、使い方により魅力の伝え方の手法も異なる事からも、利用目的などに応じてパンフレット作成時には工夫が必要になります。
また、パンフレット作成では印刷物を手に取って貰うための工夫を行う事も大切で、中でも印刷物の表紙はこれから印刷物を手に取るかどうかを決める判断材料ともいえる部分であることからも、インパクトを持つデザインを作り上げるなど、興味や関心を惹きつけるデザインが求められて来ます。

展示会場などではレンタルのラックなどに印刷物を入れておいて、来場者が自由に手に取って見る事が出来るようになっていますが、レンタルのラックにカッティングシートを利用して印刷物をアピールするという方法もお勧めです。
カッティングシートと言うのは、文字などを切り抜いて看板として利用することが出来る便利な素材であり、シール式のカッティングステッカーなどの場合は、文字だけが残るシールであり、そのままラックなどに貼り付けておくことで、ブースに訪れた顧客や店頭に訪れた顧客に興味を惹きつける工夫として利用することが出来ます。
また、制作会社に依頼をすることでパンフレット作成やカッティングシートの作成などを一貫して依頼が出来るというメリットが在ります。”

最近の投稿

バナー