メインイメージ

シルエット

2016-02-16

パンフレット作成を行う時に利用するシルエットについて

パンフレット作成を行う時に、ワンポイントのアクセスを設けるためシルエットを利用してデザインを作り上げることが在ります。
パンフレット作成のシルエットは、影絵の事を意味しており、素材はインターネットの中で無料配布が行われているものもや数在り、自由に利用できる事からも、個人でデザインを作る人などにも人気が在ります。

また、シルエットは影絵で在る事、影と言うものは真っ黒で在り、シルエットが人間や動物などの場合、目や鼻、口と言ったものが無いのが特徴です。
尚、目や鼻、口などが無いので簡単に使えるというメリットが在りますが、これをパンフレット作成をするために一から書き上げようとなると時間も手間もかかりますし、パンフレット作成を制作会社に依頼をするとなると、イラストの描き起こし費用なども掛かることになります。

日本地図をパンフレットに利用することが在ります。
例えば、会社案内のページの中に、企業の拠点がどこにあるのかと言った時、日本地図を中央などに配置し、拠点が在る都道府県に小さな点を記載して、そこから引き出し線を出して事業所名や住所、電話番号、最寄り駅などを記載してページを作ることが在りますが、この日本地図もシルエットを利用すれば簡単にページを作り上げることが出来ると言ったメリットが在ります。

影絵と言うのは表情を持たないため、見る人に想像させると言った特徴が在ります。
また、想像をさせることで引き付ける力が生まれ、魅力を感じることが出来るパンフレット作成を可能にしてくれます。

ワンポイントとして利用することも出来ますし、日本地図のように魅力を伝える中で重要な要素を持つものもあります。
因みに、日本地図だけではなく、各都道府県毎にシルエットが用意されているため、パンフレット作成を行う中で、会社やお店などが都道府県の中でどのあたりに在るのかを記したい時や同一県内に工場や支店が数か所ある場合など、それぞれの場所を大まかに説明をしたい時などにも便利です。

尚、素材はベタとなるため、これに網点などを加えることでシルエットが強調されることなく、パンフレット作成での背景として利用することも出来ますし、色を付けることでデザインを作り上げる事も出来ると言ったメリットを持ちます。
商用素材として用意されているものがインターネットの中に多く在るので、自社でパンフレット作成を行いたい企業などにもお勧めですし、自らデザインを作り上げる時にも便利です。”

最近の投稿

バナー